無料ブログはココログ

« 突然に逝ってしまいました。 | トップページ | りゅうくんの応援に行ってきました。♪ »

2016年9月30日 (金)

今日はメグのお話しさせてくださいね。

メグがなくなってまたたく間に時が流れました。
情けないことにいまだ立ち直れないでいます。
いなくなってメグの存在の大きさにあらためて気づかされています。
今も悲しく胸が詰まって辛いです。

パパさんは早く立ち直らないとメグに笑われるよと慰めてくれます。
はぁ~とため息ばかり~ホント!メグに笑われるよね~ママは泣き虫だから~
こんな事ではいけないと思いなおして~
今日は皆さんにメグのお話しを聞いて頂こうと思いました。
そして想い出としてブログの片隅にメグにいてもらおうと思います。

突然メグがやって来た日

お友達のSちゃんが「ちっちゃなヨークシャーのあかちゃん」を抱いて我が家にやってきました。
男の子のヨーキーの貰い手を探しているんだけど~2002年の一月のことでした~
Sちゃんの知りあいが親子4匹で飼っていたのですが事情があって飼えなくなったらしいのです。

4年前にマルチーズ(男の子)のペペを亡くしていた我が家は
その時の悲しみと辛さを忘れる事が出来なくて
~もう犬は飼わない~と家族一致で決めていたのです。

抱いていたヨーキーが男の子だと思った母は~男の子はいらない~と断りを言っていました。
するとSちゃんが~ハイ~と抱いていたヨーキーを母に手渡したのです。
~この子は女の子だから~Sちゃんは女の子の貰い手も探していたの~と笑っていました。


Dsc05299_800x600


ちっちゃなヨーキーを抱いた母はなんと言ったとおもいますかぁ~
~わぁ~こんな不細工な子~飼うの~って。

もう犬は飼わないと決めていたのに~抱いたが最後~手放せなくなっちゃいました。
そいいうエピソードで「ちっちゃな不細工なヨーキー」は我が家の家族になりました。

ちっちゃなヨーキーは初めての家で不安そうにブルブル震えていました。
その姿があまりにも可愛そうで~大丈夫だよ~可愛がってあげるからねと優しく抱きしめてあげました。

ちっちゃなヨーキーは名前もなかったみたいでした。
まず名前を付けてあげなきゃね~その時makoが閃きました。
突然我が家にやってきた女の子という事で~
~魔女っ娘メグ~からメグと名付けました。

次に日にはベッドとか~オシッコパットそして櫛とか~
飼わないと決めていたので我が家にはワンちゃんグッズは何も残していなかったのです。
それからドッグフードも沢山買い込みました。
元々ワンちゃん大好きな我が家です~メグが慣れてくれるのも早かったです。
メグは我が家のかけがえのないアイドルになりました。

Dsc05300_800x600


賢いメグは物覚えもとても早くて~お手とか~チンチンとかね。

Dsc05321_800x600


~バーンっていうと~コテンと倒れて~
母の手が写っていますでしょう~母は教えるのとっても上手でした~
デジカメじゃないので写真の写りが悪いのが残念ですが。

Dsc05303_800x600


母が不細工と言っていたメグは数年でこんなに可愛くて綺麗なヨーキーに変身しました。
ワンちゃんは飼い主に似るのよね~母がいつも笑っていましたっけ~


Pc300026_800x600


メグの可愛さはご近所さんでも評判になって皆さんに可愛がられて嬉しかったです。
特に毛並みが美しく性格も温和で優しくて賢い子に成長していきました。
病院で予防注射をする時も鳴き声一つあげない我慢強い子でもありました。

たった一つ出来ないことは~段差を上がり降りする勇気がないことでした。
お散歩も苦手なので公園デビューはできないままでした。
おうちが大好きで家の中をお散歩しておりました。
排泄も何回かの失敗はありましたがいつのまにか克服してくれましたよ。
何せ~賢いメグちゃん~でしたから。(笑)

メグの世話はママ(mako)が中心だったせいかメグは
私の後ばかり追いかけるようになっていました。
亡き母がよく言ってましたっけ~
メグはママが大好きだもんね~ママがいないと寂しくてダメなのよね~
母がうらやましそうに笑っていたのを思い出します。

Dsc00341_800x607

男の子二人のmakoはメグが我が娘のように思えて愛おしかったです。
メグを連れていけるところは何処へでも連れて行きました。
車で広島の厳島神社にも行ってお参りもしましたね。
ワンちゃんも一緒に泊まれるホテルを探して温泉旅行にも行きました。carspadog


15年間には言い尽くすことができないほどいろいろな事がありました。
母が亡くなった時には精神的にまいっていたママの側に寄り添ってくれていました。
ポッカリと空いた心の穴を優しくうめてくれましたね。
優しく透き通った瞳にどれだけ慰められたことでしょう。

メグは話すことはできないけれど瞳でお話ししてくれました。
ママはメグの目を見ると何を言いたいのか分かったもの。
それに食いしん坊でとってもグルメだったね。
美味しいものが大好きでしたね。

パパとママがメグの大好きな巨峰を食べていると~チョットチョットと~
小さな手で膝を猫パンチならぬ~メグパンチ~
可愛い瞳で見つめられるとあげないではいられなかったっけ。
美味しそうに食べていたメグ~それは嬉しくて楽しい想い出でした。

そうそう~メグの大好物は~お刺身だったね~お魚大好きだったね。
去年までは何を食べてもなんでもなく元気だったのに~~~

今年になって下痢をしたりして体調を崩すようになりました。
お医者様でお薬をもらって少しづつ体調も良くなっていたのだけど~
6月頃からまた調子が悪くなってきましたね。

ネットで見つけた「プロキュア」という酵素を飲ませるようになってからは
下痢もなおって元の元気なメグになってホッとしていたのです。
食欲も出てきてメグパンチも出るようになって嬉しかったです。

今年の夏は本当に暑かったですね。
メグが体調を崩したのはそのせいだと思っていました。
この夏を越せばもっと元気になってくれると信じていました。


それなのに~突然にその日がやってきたのです~

メグはリビングでママが見えるところで寝たり起きたりするのが日課でした。
一日中寝ているといっても大げさではないくらいでした。
15歳だし~年だからね~って軽く思っていたのです。
パパさんがメグはママの後追いが激しくなったねと言っていましたっけ。

その日~9月14日~もいつもと同じ変わりない朝でしたね。
起きて排泄をすませてからベッドでひと眠り。
いつもと同じ時間が過ぎていきました。

お昼頃になっても朝ご飯の催促もなくまだ寝ていました。
ママはメグの大好きなお魚で朝ごはんを作ってあげました。
でもあまり欲しくないのかまた寝てしまったね。
そんな時急に立ち上がってオシッコパットで上手にオシッコをしました。
それからメグはゲージのベッドでまた眠ってしまったのです。
今日はよく寝るね~メグ~パパさんが言いました。

キッチンで片づけをしていたママの耳に~キューンキューン~と鳴き声が~
メグが声を出すのは珍しいなと思って近づいたらベッドでウンチをしていたのです。
~メグ~どうしたの~と言いながらお尻を綺麗にしてあげました。

ベッドの敷物も綺麗なのに取り換えてあげると安心して寝そべっていましたね。
しばらくしてソファーでくつろいでいたパパさんの側へ行くと眠ってしまいました。

ところが~しばらくしてパパさんの側で寝ていたメグの様子がおかしくなってきました。
急に息づかいが荒くなってハァハァと苦しそうでした。
あまりに早やい急変だったのでmakoは慌ててしまってどうすることも出来ませんでした。
エエッ~メグどうしたの~メグしっかりして~
もう頭が真っ白になってしまって何を言ったのか~無我夢中でした~

最近メグの声を聞いたことがないね~とママが言った言葉覚えてくれていたのかな。
ママに聞かせるように~ウォンウォン~と鳴いてくれました。
それがメグの最後の言葉になってしまったね。
~パパママ~有難う~さようなら~って言ってくれたように思いました。
メグは大きく息をすったと思うと静かに息を引き取ったのです。
こんなに穏やかな亡くなり方って最後まで賢くてえらいメグでした。
病院へ連れていくまもなく亡くしてしまったのが残念でたまりません。

メグ~ママの言葉を聞いてくれましたか。
メグはママの可愛い娘~家族皆に笑顔と楽しい日々をくれたね。
ママはメグにであえて幸せでした。
大好きだよ~メグ~本当に今まで有難う。

2016年9月14日午後5時18分 メグ 永眠  合掌


メグの身体を綺麗に拭いてあげました。
抱っこしているメグはまだ温かくて本当に愛しかったです。
メグを可愛がっていた次男(りゅうくんのパパ)が帰りに寄ってくれました。
まるで寝ているようなメグを撫でながらただただ泣いていました。

お通夜にはSちゃんとご近所さんが来てくれました。
メグのそばでパパさんとママといっしょに一夜を過ごしましたね。
パパさんとママはまるで夢をみているような気がしていました。
これは夢だと思いたい気持ちで明け方をむかえていましたね。

明くる日~メグはまだ寝ているようにみえました。
亡くなったように思えなくて~メグ朝だよ~はやく起きなさい~
そしてこのまま手元におきたいと思いました。

安らかに天国へおくってあげないとね~パパさんが言いました。
寂しく辛かったけれど~メグを霊園に連れていきました~
そしてお花いっぱいに囲まれたメグのお葬式をしました。
~メグいままで有難う~賢くて可愛かったメグ~さようなら~


メグをお医者様にみせることなく逝ってしまったことはmakoを苦しめました。
パパさんが~メグは大好きなママに看取られて幸せだったよ~
そうかな~そうなの~メグ~
~突然15年前にやってきたメグは~
~突然16年目に逝ってしまったね。
やっぱり~魔女っ娘メグ~だったのかな。


~虹の橋~

きっとメグは虹の橋を渡って~ああくん(母の愛称)に抱っこされているよね。
メグ~いつかはママ達も~虹の橋を渡るからね。
その時はママの胸に飛び込んでおいで~それまで~ああくんと待っててね。
ママはメグのことこれからも忘れないよ~だってママの可愛い娘だもの~
虹の橋のお話しを知って少し胸のつかえがおりたような気がしています。


~9月のお彼岸~


2016920_3_800x600


お彼岸にはパパさんと母のお墓参りに行ってきました。
いつもメグも一緒にお参りをしましたね。
~メグはそちらにいきましたか~虹の橋上手に渡って~
ああくんも大好きだったメグはきっとそばを離れないでいますね。
~メグのこと~宜しくお願いします~


2016916_800x600_400x300


母の墓所から近い霊園にメグは眠っています。
お花とメグの好きだったお八つをお供えしてきました。
~メグ~ママ達を見守っていてね~たくさんの幸せと喜びを有難う~


916_1_800x600


メグが亡くなってリビングがガランとしています。
パパさんがママのことを思ってリビングにメグのコーナーを作ってくれました。
~これで毎日メグと話しが出来るだろう~
毎朝~メグおはよう~夜は~メグさぁ二階でおやすみしよう~
メグはいなくなっても~いつも~一緒だよ~


916_6_800x600


ママのパソコンコーナーにもメグがいてくれます。
~メグ~ママといつも一緒だよ~


Pb220006_800x600


ブログでもお友達の皆さんにはとっても可愛がって頂いたメグでした。
ブログをはじめた頃からずっとお世話になったメグです。
ママのキルトで寝そべっていたのを思い出します。
皆さんに可愛がって頂いてメグにとっても幸せな日々でした。
心よりお礼と有難う申し上げたいと思います。

メグと暮らせた15年と一月~たくさんの幸せをくれたメグのためにも
これからは「メグの想い出」を大切にして頑張っていきたいと思います。
そして長きにわたって「メグのお話し」にお付き合い下さいまして有難うございました。lovelygood

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m


« 突然に逝ってしまいました。 | トップページ | りゅうくんの応援に行ってきました。♪ »

メグの想い出」カテゴリの記事

コメント

NORIさん~こんにちは。note


こちらこそご無沙汰ばかりしています。happy01

メグのことではすっかりと落ち込んでしまいました。

いつの日か別れが来ると思いながら

いざその時がきてしまうとどうにもならない寂しさがありました。

でもいつまでも悲しんでいたらメグに笑われますね。


パパさんは無理に忘れなくてもいいよと言ってくれます。

夫婦二人でメグの想い出を語っていこうと思います。

優しいお言葉の数々嬉しく有難うございました。

これからも宜しくお願いします。lovelygood

makoさん 大変ご無沙汰しております

メグちゃんのブログ拝見しました

お別れは いつも辛いものですね・・・
胸がつぶれる思いでメグちゃんをお見送りされたことでしょうね

私も何度か ちいさな命とのお別れを経験しましたが
「思い出」となるまでには 何度となく涙を流しました
時間薬という言葉は もう聞き飽きたかもしれませんが
どうぞ ご家族皆さんでメグちゃんとの楽しいことお話になって下さいね

お身体にだけは気を付けて 
慰めの言葉も見つけられませんが 心からお悔やみ申し上げます。

メグちゃん 頑張りました。

ふくろうおばさん~こんにちは。note


優しくて暖かいお言葉いつも有難うございます。
しばらくは諦めきれない気持ちでいるとは思うのですが
ふくろうおばさんのおっしゃる通り~悲しんでばかりだと~
きっとメグがもっと悲しみますよね。


ふくろうおばさんも同じ経験をなさっておられましたね。
これからはメグの想い出を大切にして笑顔で頑張っていきます。
きっとmako達の事見守ってくれていると思います。
どうぞこれからも宜しくお願いします。happy01


今晩は

 素敵な沢山のお話有難う、命あるもの必ずお別れが来ます、私にも、経験がありますからお気持ちは、良く判ります。

 でもね、泣いてばかりいると,メグさん成仏できませんよ、私は思うのですが、きっとお母様の処で安心していると思いますよ

 安心して、元気出して下さい

misakoちゃん~こんにちは。note


15年間娘のように甘えてくれていたメグでした。
いなくなってみますと~ああしてあげたらよかった~
あの時こうしてあげたら~と悔やんで涙しています。
misakoちゃんに~メグちゃんは喜んでいますよ~と言って頂いて
優しいお言葉を頂き嬉しく有り難かったです。


虹の橋のお話しを知って少しづつ心が軽くなっています。
母といっしょに楽しく暮らしていると信じていいですね。
これからは前向きにしっかりと
生きていかなきゃいけないですね。


そうですよね~魔女っ娘だもの~
きっと~夢の中で可愛い姿を見せてくれますね~
会いたいです~メグを抱いた母にも~
misakoちゃんの優しいお気持ちに感謝です。
これからも宜しくお願いします~
そして有難うございました。happy01

ピッピさん~こんにちは。note


メグのこと聞いて下さって有難うございます。
この記事を書きながら泣いてしまって
更新のボタンを押すのに何日も掛かってしまいました。


涙の出る毎日を過ごしていましたが
泣くだけ泣いたら少しづつ落ち着いてきました。


メグは亡くなりましたが
楽しい良い想い出を沢山残してくれました。
これからは前向きにしっかりといきないといけないですね。
それがメグへ供養になりますね。


ブログのお友達に支えて頂きながら
頑張りたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

EMAさん~こんにちは。note


いつも可愛がって頂いたメグのこと
聞いて頂きたくてこんなに長い記事になってしまいました。
優しいお言葉にも嬉しく有り難い気持ちでいっぱいです。
EMAさんとは孫さんのことやワンちゃんの事で
いろいろと共通点がありましたね。


メグの記事を書きながら泣いてしまって~
何日も掛かってしまいました。
こうして皆さんに聞いて頂いて本当に気持ちが軽くなりました。
次男も可愛がっていたものですから辛かったと思います。


メグは亡くなりましたが想い出はずっと消えません。
makoも前向きにこれからも頑張っていきますね。
それがメグにも供養になりますね。
どうぞこれからも宜しくお願いします。happy01

mahiruさん~こんにちは。note


メグの事お話しさせて頂いて気持ちが軽くなりました。
この記事を書くのに何日も掛かりました。
こんな事書いて良いのかと躊躇したこともありましたが
お友達の皆さんの助けをお借りして頑張りました。


メグはいなくなりましたが想い出はこの家に沢山ありました。
毎日写真を見て話しています。
パパさんもmakoの話をよく聞いてくれて有り難いです。


夫婦二人きっりの生活にはまだ慣れませんが
前向きに~メグに心配かけないように~です。


虹の橋を渡ったメグ~これからも元気で幸せに~
mahiruさんのおっしゃる通り~パパさんとママを~
しっかりと見守ってくれていると思います。
優しいメッセージも嬉しかった~有難うございました。happy01


blueroseさん~こんにちは。note


私事でご心痛をお掛けして本当に申し訳ないです。

ブログ更新しますのに何日もかかってしまいました。

こうしてメグの事をお話しさせて頂けて有り難かったです。

ブログをしていて本当に良かったと思っています。


blueroseさんのお宅でも猫ちゃんを亡くされていたのですね。

makoもこれから前向きにしっかりと

頑張っていきたいと思います。

優しいお力添えも有難うございました。

これからも宜しくお願いします。happy01

makoさん、綴られた想いを感じて一緒に泣いてしまいました。
15年もの月日を共に過ごされたんですね~。
お辛い気持ちがひしひしと伝わってきます。
心からメグちゃんのご冥福をお祈りします。
そしてきっとメグちゃんは心から喜んでお母さまのもとへ行ったと思いますよ。
いっぱい愛情を注がれて、いろんなワンちゃんがいる中で最上級の幸せの中で
メグちゃんは天寿を全うしたと思います。
まだまだお寂しい日々だと思いますが、
makoさんご一家が忘れずにメグちゃんを思うことが一番の供養ですよね。

心からお悔やみ申し上げます。
元気を出して!って言えないけど、また手仕事で少しずつ気を紛らわせて下さいね。
魔女っ子だもの。。。また突然姿を現すかも~~(夢の中でも^^)

こんばんは〜

メグちゃんとの出会いから思い出
読んでいるうちに胸が熱くなりました
makoさんのお気持ちお察し申し上げます
お悔やみ申し上げます〜合掌
中々立ち直れないでしょうがメグちゃんは
いつも心の中にいることでしょう〜
ほんと辛いですね〜
今は良い言葉が見つかりません
泣きたい時には泣いて良いと思います・・

s-mako さん、メグちゃんの事本当に残念でしたね。
お悔やみ申し上げます。

15年のメグちゃんとの楽しかった生活の思い出をご主人様と
振り返りながら、これからは前向きにお過ごしくださいね。

この記事を書くにあたって、きっと泣きながら書いたのではとお察しします。
リュウ君家族もメグちゃんの居ないs-makoさん宅に来られた時は寂しいでしょうね。

いつも思うことですがs-makoさん思いの優しいご主人様ですね。
メグちゃんに合掌

makoさん、言葉が見つかりません・・・
メグちゃんのお話、読んでいるだけ涙、涙、涙
それなのに気丈にメグちゃんの思い出を教えて下さって
ありがとうございます。
忘れません!
とっても賢くいつも上品な
makoさんの自慢の娘”メグちゃん”

きっと今日もお空の上からmakoさんとパパさんを
見つめていると思います。
メグちゃんはどんな時も
makoさんを見守ってくれていると思います。

心からメグちゃんのご冥福をお祈りします。
そしてメグちゃん、makoさんとパパさんの
娘になれてしあわせな一生だと思って虹を渡ったと思います。

s-makoさん、本当にお悔やみ申し上げます。読みながら泣いてしましました。。。
なんとお声をかけていいのか…

家も独立した子供が買っていた猫ちゃんが今年に入ってなくなりました。家族同然だったので気持ちが落ち着かず、今でもさびしい気持ちになります。
少しでも早く気持ちが上向きになりますよう、お祈り申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 突然に逝ってしまいました。 | トップページ | りゅうくんの応援に行ってきました。♪ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

想いでキルト

  • ベッドカバー
    想いでの布達でキルトを作りました。 これからも作っていきたいと思っています。

四季のキルト

  • 四季のキルト
    日本の四季をキルトにしました。 これからも日本の美しい四季を 作りながら楽しみたいと思っています。

手作り物語 1

  • ヘキサゴンのポーチ
    大好きなキルトの作品たちです。 これからも大好きなキルトを 作っていきたいと思っています。

手作り物語 2

  • ドレスデンのお出掛けバッグ 2015年
    いろいろな手作りのキルトたちです。

メグの想い出

  • リビングにて
    メグは2016年9月14日永眠しました。 メグはいなくなったけどいつも一緒だよ。